キャタピラー・Cat 216B3、Cat 226B3、Cat 259B3

キャタピラージャパンは、新たなラインアップとして、スキッドステアローダ2機種とコンパクトトラックローダ1機種を12月20日より国内導入した。

スキッドステアローダはスピーディな機動性を発揮する4輪駆動のホイールタイプのミニローダ。一方、コンパクトトラックローダは山間部などの足場の悪い現場にも対応可能な、高位置スプロケットデザインのラバーベルトトラックタイプのミニローダ。

今回、新たに導入するスキッドステアローダは『Cat 216B3(バケット容量0.40立方メートル)』、『Cat 226B3(同0.40立方メートル)』の2機種。コンパクトトラックローダは『Cat 259B3(同0.44立方メートル)』の1機種。多彩なCatワークツール(アタッチメント)により建築、道路工事、農業、畜産、林業、造園など、幅広い現場において高い汎用性を発揮するとともに、キレのある操作性と高い生産性を実現する。

価格はCat 216B3が426万3000円、Cat 226B3が440万4750円、Cat 259B3が619万5000円。

キャタピラージャパン(webサイト)