ダイハツ 馬場建二・取締役専務執行役員《撮影 池原照雄》

ダイハツ工業の馬場建二・取締役専務執行役員は12月20日の『ムーヴ』発表会見で、2013年の軽自動車販売について「60万台程度をやりたい」と表明した。今年の販売見通しより減少するものの、シェアはトップの座を維持する構えだ。

ダイハツの12年の軽販売は67万台(前年比23%増)程度で、4年ぶりに過去最高となるのが確実だ。シェアも07年以降6年連続でトップを維持する。13年の販売計画は今年を約1割下回るが、これは全体需要も減少すると見ているためだ。

馬場専務は今年の市場が過去2番目に多い198万台程度となる一方、13年は「170万〜175万台規模」との見通しを示した。60万台は市場全体の落ち込みより軽微に抑えるレベルであり、今年並み以上のシェアを確保し「トップにこだわっていきたい」と語った。