ダイハツ工業・伊奈功一社長《撮影 小松哲也》

伊奈功一社長は12月20日の発表会見で、主力モデル『ムーヴ』の競合車について「軽自動車のなかでの争いというより、小型登録車も含めた小さいクルマで競争をしているとの認識だ」と語った。

『フィット』、『ミラージュ』、『アクア』といったモデル名を挙げながら、「小さいクルマは登録車も研究している」と述べ、登録車からのダウンサイジングユーザーもしっかり意識する構えを見せる。

一方、ムーヴが前回の全面改良から2年での大幅な改良に踏み切った背景について、「われわれは常に軽の原点に戻りたい。つまり低燃費、低価格に徹底的にこだわりたい」と強調、「イーステクノロジー」という技術進化をスピーディーに商品展開する狙いだったと説明した。

ダイハツ・ムーヴ ダイハツ・ムーヴ ダイハツ・ムーヴ