新型ムーヴ発表会≪撮影 小松哲也≫

ダイハツ工業が12月20日に一部改良して発売した『ムーヴ』には、軽自動車で初となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」が採用されている。技術本部長を務める堀伸介取締役は「5万円で売りたいというところからシステムの構築をした」と語る。

スマートアシストは約4〜30km/hで走行中、レーザーレーダーが前方車両と衝突する危険性が高いと判断すると、まずドライバーにブザーやインジケーター表示で警告、その後も回避操作が無い場合には緊急ブレーキが作動する仕組み。ターボエンジンモデルを除く、各グレードに装着仕様を設定。価格はベースグレードに対し5万円高となっている。

堀伸介取締役は同日都内で開いた新型ムーヴ発表会後、一部報道陣に対し「他社は(衝突回避支援システムに)カメラとかミリ波などを使っているが、我々はレーザーレーダーを用いた。すべてが万全では無いところも当然あるが、やはり低価格でより広いお客様に使って頂くことを、まず主眼にした」とした上で、「5万円で売りたいというところからシステムの構築をやった」と説明した。

新型ムーヴ発表会≪撮影 小松哲也≫ ダイハツ工業・堀伸介取締役≪撮影 小松哲也≫ 新型ムーヴ発表会≪撮影 小松哲也≫ 新型ムーヴ発表会≪撮影 小松哲也≫ 新型ムーヴ発表会≪撮影 小松哲也≫