スバル XV KD生産 ラインオフ式

富士重工業とタンチョンモーター アッセンブリーズ(TCMA)は、マレーシアにあるタンチョングループの工場でスバル『XV』のKD生産(現地組立生産)を開始し、12月19日にラインオフ式を実施した。

式典は、マレーシアのマハティール国際通産省副大臣をはじめとする政府来賓、タンチョングループ幹部、その他関係者出席のもと行われた。

KD生産はXVを年間5300台の規模でTCMAが行い、KD生産車はタンチョングループのスバル販売網を通じてマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売する。

TCMAは設立当初の1974年から日本車および欧州車のKD生産を行い、1986年にはスバル車のKD生産を手がけるなど、自動車の生産、品質管理の高いノウハウを有している。2012年9月20日にインドネシア国際モーターショーにおいて初公開した同工場生産のXV試作車は、流麗で力強いエクステリアデザインと共に品質の高さが評価された。

富士重工業は、今回のKD生産を契機に成長著しいアセアン地域において、拡販を目指す。

スバルXV