インフィニティの現行ラインナップ(参考画像)

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティ。同ブランドに将来、最大出力550ps以上という高性能モデルが用意されることが分かった。

これは12月19日、インフィニティのヨハン・ダ・ネイシン社長が、オーナーとファンに向けたメッセージの中で明らかにしたもの。同社長が、今後のインフィニティの新車計画の一部を公表している。

インフィニティは12月18日、新たなネーミング手法の採用を発表。例えば、ラグジュアリーセダンの『M』(日本名:日産『フーガ』)は、2014年モデルから『Q70』というネーミングに変更される。

新たな高性能モデルは、このQ70の上に位置する最上級セダンに設定される予定。ヨハン・ダ・ネイシン社長によると、最大出力は550ps以上を引き出すという。

同社長はこのエンジンに関して、「V型6気筒エンジンを過給する」とだけ説明。日産『GT-R』の3.8リットルV型6気筒ツインターボが、最大出力550psだから、これを若干上回るスペックが追求されることになる。インフィニティはメルセデスベンツのAMG、BMWのM、アウディのRSに対抗することを狙っているようだ。