ダイハツ工業・伊奈功一社長《撮影 小松哲也》

ダイハツ工業の伊奈功一社長は12月20日、都内で開いた新車発表会後に一部報道陣に対し「軽自動車の中でトップを死守するのが我々の経営方針」との考えを示した。

伊奈社長は「我々は軽で成立するビジネスモデル。軽で収益を上げていく形にしなければならないということからすると、ある程度の量が出ないと我々としては経営が成り立たない」と指摘。

その上で「例えばホンダはグローバルに色々展開しているが、我々のグローバルといえばマレーシアとインドネシアしかない。我々は軽がほとんどなので、軽の中でトップを獲っていくのは我々の使命だと思っている」と述べた。

ダイハツは2007年にスズキを抜いて軽シェアトップとなって以降、2011年まで5年連続で、その地位をキープしている。2012年も『ミラ イース』の投入効果などにより11月までの累計販売台数は前年同期比27%増の63万2695台と、2位のスズキに対し8万台超の差をつけており、6年連続の首位がほぼ確実な情勢となっている。

ダイハツ工業・伊奈功一社長《撮影 小松哲也》