マーセル・フィッサー氏≪撮影 小松哲也≫

欧州が2015年から新型車への導入を義務付けている「eCall緊急通報システム」は、欧州全土のどこでも無料でサービスを受けられることになっている。

デジタルセキュリティを手がけるジェムアルトの副社長で、ERTICO(ITSヨーロッパ)のサプライヤーズセクタープラットフォーム長を務めるマーセル・フィッサー氏は12月19日、横須賀市で講演し「EU加盟27か国あるが、どの国もセキュリティとセーフティに責任を負っている。緊急サービスというのはそれぞれの加盟国が担当し、それぞれの国が住民に対して無料で提供するもの」と説明する。

一方、eCall対応の車載機器に関しては「そのコストは車両価格に組み込まれる。エアバッグのコストもエンドユーザーが支払っているのと同様に、テレマティクスコミュニケーションも車両のコストに含まれることになる」と述べた。

マーセル・フィッサー氏≪撮影 小松哲也≫ eCall緊急通報システム公開デモ≪撮影 小松哲也≫ eCall緊急通報システム概要≪撮影 小松哲也≫