ベントレー・コンチネンタルGTスピード《撮影 内田俊一》

ベントレーモーターズジャパンは12月19日、『コンチネンタルGTスピード』を発表した。

その席上で、ベントレーモーターズジャパン代表のティム・マッキンレー氏は、ベントレーの状況について、「今年は全てのモデルにおいて、ワールドワイドで好調な成績です。第3四半期までの全世界での販売は約6,000台を記録し、前年比25%増という二ケタ成長を続けています」と話す。

そして、「全世界の中でも日本での成長は著しく、11月までの販売は前年比で80%プラスの実績を上げることが出来ました」と述べ、「2002年に『コンチネンタルGT』が発表されてから、全世界で約2万6000台、日本でも900台以上もの12気筒2ドアコンチネンタルモデルが販売されたのです」

マッキンレー氏はこの成功の裏には、ベントレーの象徴的なエンジンともいえるツインターボチャージャー12気筒エンジンの存在があるという。「ベントレーは12気筒エンジンを最も生産しているメーカーで、これまで全世界で5万台を超える12気筒のコンチネンタルシリーズをデリバリーしています」と語った

ベントレー・コンチネンタルGTスピード《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピード《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピード《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピード《撮影 内田俊一》 ントレーモーターズジャパン代表のティム・マッキンレー氏とジャズサックスプレーヤーの矢野沙織さん(右)《撮影 内田俊一》