フルデジタルスピーカーシステム搭載デモカー・プリウスα

クラリオンは12月22日〜24日、スーパーオートバックスかしわ沼南店(千葉県柏市)にて、世界初となるフルデジタルスピーカーシステム搭載デモカー『プリウスα』を一般公開する。

デモカーには、同社のフルデジタルスピーカー対応ナビ「Z8」、フルデジタルフロントスピーカーシステム「Z17F」、フルデジタルリアスピーカーシステム「Z17R」を装着する。

フルデジタルスピーカーシステムは、デジタル信号処理技術「Dnote」とクラリオンの車載音響技術を融合して開発。従来のスピーカーはデジタル入力された音源を出力する場合、アンプに入った時点でアナログ信号に変換していたが、フルデジタルスピーカーはデジタル信号を直接入力し、これを再生している。クリアな音質が特長だ。

また、消費電力もアナログスピーカーに比べて少なく、電気自動車(EV)や、ハイブリッド車(HV)、アイドリングストップ車向けの技術とされる。

フルデジタル・カーオーディオシステム「Z8/Z17F」の中核となる2DIN型AVメモリーナビ