マーセル・フィッサー氏≪撮影 小松哲也≫

欧州が2015年から新型車への導入を義務付けている「eCall緊急通報システム」は、第2世代携帯電話(2G)規格であるGSM方式を用いて欧州全土でサービスを展開することになっている。

デジタルセキュリティを手がけるジェムアルトの副社長で、ERTICO(ITSヨーロッパ)のサプライヤーズセクタープラットフォーム長を務めるマーセル・フィッサー氏は12月19日、横須賀市で講演し「基本的にカバレッジの問題」とした上で「2Gは将来にわたってまだまだ利用されていく」との見通しを示した。

2Gは3G(第三世代携帯電話)に比べ電波の利用効率が劣るものの、コストが安いことが利点で、日本や韓国を除く212か国、約20億人が利用しているといわれている。

フィッサー氏は「3G、LTEのネットワークを考えると欧州でどれくらいカバレッジが広がっていくかということがキーになる。また、すでに2G対応のコネクティビティとして数百万のデバイスが普及しているのに対し、新しいコネクティビティのための投資をしていくのかという問題もある」とも指摘。

さらに「2Gは将来にわたってまだまだ利用されていくと思う。少なくとも20年は2Gのネットワークは存在し続けていくだろう」と述べた。

マーセル・フィッサー氏≪撮影 小松哲也≫ eCall緊急通報システム概略≪撮影 小松哲也≫