新型キア K3

韓国ヒュンダイモーター傘下のキアモーターズの中国合弁、東風悦達起亜は12月18日、中国における11月の新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は11月としては過去最高の5万2000台。前年同月比は14%増と引き続き好調だ。

キアモーターズは中国合弁事業として、東風汽車との間で東風悦達起亜を展開。11月実績は、10月に中国市場へ投入した新型コンパクトセダンの『K3』が牽引。11月は1万5718台を販売する。

コンパクトカーの『K2』も引き続き人気。11月は1万2000台以上を販売した。『K5』も5000台以上を登録。SUVの『スポーテージ』も、4000台以上を売り上げた。

東風悦達起亜の2012年1-11月中国新車販売は、43万台に到達。前年同期比は11.1%増となった。同社は2012年、中国市場における年間新車販売目標を48万台に設定している。

新型キア K3 キアK2 キア・スポーテージ