A123システムズ製のハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー(参考画像)

米国の大手リチウムイオン電池メーカー、A123システムズ。一旦は中国企業による買収が決定しながら、破産を申請。さらに柱となる自動車関連事業は、米国の自動車部品大手のジョンソンコントロールズ社が買収と、目まぐるしく変化する同社に、また混沌とする動きがあった。

これは12月8日に行われた、A123システムズの資産売却入札での出来事。当初の買収先の中国自動車部品最大手、万向集団が、A123システムズの資産売却入札において、ジョンソンコントロールズ社に競り勝ったのだ。

これを受けて、米デラウェア州の破産裁判所は12月11日、A123システムズの万向集団への売却を承認。A123システムズはジョンソンコントロールズ社から一転、中国の万向集団が買収する可能性が高くなった。

しかし、ジョンソンコントロールズ社も諦めていない。米国の一部国会議員が、A123システムズの中国企業への売却に関して、「公的支援を受けてA123システムズは新技術を開発した。この技術が中国に流出するのは問題」と、万向集団への売却に反対している。

ジョンソンコントロールズ社は12月17日、声明を発表。米国議員の動きを追い風に、ジョンソンコントロールズ社は、改めてA123システムズの買収を目指す方針を示している。

A123システムズwebサイト