ザウバー 小林可夢偉(2012年 アブダビGP)

現在、日本人唯一のF1ドライバー、小林可夢偉選手。同選手が、2013年シーズンのF1参戦を断念したことが分かった。

これは12月18日、小林可夢偉選手が自身の公式サイトで発表したもの。「ファンのみなさまへ」と題したメッセージの中で、2013年のF1参戦を断念したことを明らかにしている。

可夢偉選手が所属するザウバーは2012年11月末、2013年のレギュラードライバーとして、エステバン・グティエレス選手を起用すると正式発表。これにより、ザウバーの2013年ドライバーは、ニコ・ヒュルケンベルクとエステバン・グティエレスの両選手となり、可夢偉選手はレギュラーシートを失った。

可夢偉選手はその後、2013年シーズンのF1参戦を目指して、複数のチームと交渉を開始。また、「KAMUI SUPPORT」を立ち上げ、F1活動の継続に必要な資金を集める寄付を呼び掛けていた。この声に多くのファンが賛同し、800万ユーロを超える募金が集まっている。

今回、可夢偉選手は2013年シーズンのF1参戦を断念。「残念ながら僕が求めていた、戦えるチームでの2013年のレースシート獲得は不可能となった」と、努力がかなわなかったことを説明した。

また今後について、可夢偉選手は、「2013年度の僕の活動については、F1以外のカテゴリーは考えていない。現在あるオプションのなかで、2014年にF1のトップチームのレースシートを獲得できるベストな道を選択したい」とコメント。さらに、「皆様からの寄付金は、そのまま大切にお預かりして2014年度のF1レースシートを獲得するための資金とさせていただきます」と、ファンへの感謝の想いを表現している。

小林可夢偉(F1ブラジルGP)(参考画像) 小林可夢偉(ザウバー、USGP、2012年) 小林可夢偉(2012年 F1日本GP)(参考画像) 小林可夢偉(2012年 F1日本GP) ザウバー 小林可夢偉(2012年 アブダビGP)