14日午後2時30分ごろ、大分県日田市内の大分自動車道下り線で、同方向に走行していたトラックとワゴン車が接触。ワゴン車が横転する事故が起きた。この事故で双方の8人が重軽傷を負っている。ワゴン車側のハンドル操作ミスとみられている。

大分県警・高速隊によると、現場は日田市小迫付近で片側2車線の緩やかなカーブ。ワゴン車は第2車線を走行していたが、第1車線を走行していたトラックと接触。急ハンドルを切った弾みで横転したものとみられる。

ワゴン車には福岡県内の専門学校に通う19-23歳の女性8人が乗車していたが、このうち19歳の女性1人は頭部を強打。ドクターヘリで福岡県内の病院へ搬送されている。他の7人と、トラック運転者は打撲などの重軽傷を負った。

事故当時、現場付近では小雨が降っており、路面は滑りやすくなっていた。警察はワゴン車の運転者が追い越しの際にハンドル操作を誤ったものとみて、運転者特定を進めている。