日本鉄鋼連盟は、自民党が圧勝して政権交代が決まった衆議院選挙結果について友野宏会長コメントを発表した。

それによると「新政権は、課題山積のわが国の状況を打開すべく、国益にかなう政策を実行する観点から、必要に応じて野党とも連携をしながら『決めるべきものを決め、実行する政治』を行っていただきたい」と要望した。

鉄連では、選挙結果について、国民のこれまでの民主党政権に対する評価と、現在の閉塞状況を打破する安定的な政権に期待したものと、指摘した。

その上で新政権に対して「景気後退を防ぐ経済対策の実行、実現可能なエネルギー政策の確立、行き過ぎた円高の是正、税制整備やTPPなど経済連携の推進によるイコールフッティングの確保など、日本経済の競争力の回復・強化につながる重要政策を、早期に着実に推進されることを強く期待する」と、産業界の6重苦から脱却できる施策の早期実施を求めた。