いすゞ・フォワード (参考画像)

全体相場は反発。

総選挙での自民党の圧勝を好感し、幅広い銘柄に買いが先行。買い一巡後は利益確定売りに上値を抑えられたが、終日プラス圏を維持。

平均株価は前週末比91円32銭高の9828円88銭と反発。4月4日以来、約8か月ぶりに9800円台を回復した。

円相場が1ドル=84円台、1ユーロ=110円台に下落したことを受け、自動車株は全面高。

ホンダが11円高の2840円と4日続伸。

スズキ、マツダ、富士重工が続伸。

いすゞが3円高の494円と反発。サウジアラビアに日系自動車メーカーとして初の生産拠点を開設。将来的に年産2万5000台の生産を見込んでいる。

日産自動車が14円高の799円と反発。

トヨタ自動車も20円高の3620円と上げ、ダイハツ工業がしっかり。

いすゞ・エルフ(参考画像)