キャデラックATS

GMの高級車ブランド、キャデラックは12月12日、新型車の『ATS』が、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2013」を受賞したと発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催。自動車のエンジン性能に着目して優秀な10台を選出する恒例のアワードだ。エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者6名が10機種のエンジンを選ぶ。

選考の条件は、2013年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は5万5000ドル(約460万円)以下に限られる。したがって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』、シボレー『コルベットZR1』などのスーパーカーは、選考の対象外となる。

今回、10ベストエンジンに選ばれたキャデラックの新型スポーツセダン、ATS。主力の「2.0T」グレードの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボが選出された。このエンジンは最大出力272ps、最大トルク36kgmを発生。最大トルクは、1500-5800rpmの幅広い領域で発生し続ける特性だ。

キャデラックによると、ATSの2.0Tは同等排気量の欧州競合車の中で、最もパワフル。0‐96km/h加速は5.9秒の実力だ。それでいて、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地8.93km/リットル、高速13.2km/リットルを実現する。

2.0T用エンジンは、リッター当たりの最大出力が136ps。GMによると、同社の市販車用エンジンとしては、過去最高の出力を発揮するという。

キャデラックATS キャデラックATS キャデラック ATS 搭載の2リッター直4直噴ターボエンジン《撮影 土屋篤司》 キャデラックATS