BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様)

自身が票を投じた10ベスト車の中で、”決戦”へと駒を進めたのは実は5台のみ。というわけで、「最終選考では5台に配点」というルールは、自動的に難なくクリア。

で、「25点の持ち点中、最高10点を1台に投票」という部分も、すでにトップ車両は心の中で迷いが無かったので、これまたすんなりと決定。ちょっとだけ迷ったのは「残る15点を4台に配点」というルールの部分。でも、これもどのような順番づけにするかはすぐに決まったので、後は”足し算”を間違わないように投票するのみ。

かくして今回投じた当方の点数は、高い方から
●BMW『3シリーズ』(セダン/ツーリング):10点
●レンジローバー『イヴォーク』:5点
●フォルクスワーゲン『up!』:4点
●トヨタ『86』/スバル『BRZ』:3点
●マツダ『CX-5』:3点

というもの。3シリーズは、ディーゼルやらハイブリッドやらMTやら4WDやらと、様々な種類が用意をされるバリエーションのどれに乗っても「外れナシ」で、今回のノミネート10車の中にあってもプロダクツとしての出来栄えは、乗れば乗るほどにまさに圧倒的という印象。よって、全く迷う事なくの1等賞!

もっとも、これが『スタイリング・オブ・ザ・イヤー』だったらイヴォークが。『テクノロジー・オブ・ザ・イヤー』だったらCX-5が、それぞれ私的なトップにランクされたはず。いずれにしても、”今年の”受賞3車は、珍しくも(?)「意義なし」という事に。

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様) BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様) BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様) BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様) 河村康彦