ボルトゴールドGT-Rの寄付金はウサインボルト財団へ寄付される《撮影 山本一雄》

日産自動車は、インターネットオークションeBayに出品した世界に1台の「ボルト・ゴールドバージョンNISSAN GT-R」と関連アイテムのチャリティオークション売上げが、合計19万3191ドル(約1620万円)になったと発表した。

チャリティオークションは11月22日から12月3日まで実施された。得られた収益は、ウサイン・ボルト選手の母国、ジャマイカの子供や若者たちに教育的、文化的な機会を提供する目的で設立された「ウサイン・ボルト基金」に全額寄付される。

ボルト・ゴールドを採用したGT-Rのオークションには世界中から入札があり、最終的には18万7100ドル(約1570万円)で落札された。

レース用ヘルメット、ドライビングスーツ、ブーツなど、ボルト選手関連のアイテム9点もオークションに出品、100人以上の入札があり、収益は合計6091ドル(約50万円)となった。

ボルト選手は「今回の寄付により、ジャマイカの多くの子供たちが、より良い設備、遊び場、教材を手にすることができる。日産と協力できたことをとてもうれしく思っている」とコメント。

特別仕様車ボルトゴールドGT-R《撮影 山本一雄》 ボルト仕様ゴールドGT-Rのオークション、1570万円で落札《撮影 山本一雄》 特別仕様車ボルトゴールドGT-R《撮影 山本一雄》 おなじみのポーズ《撮影 山本一雄》 ボルト選手がボンネットにサインを記入《撮影 山本一雄》