メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》

順当に考えて、このクルマのラゲッジルームに引っ越し業者の段ボールがいくつ積めるか?などと思う人はいないだろう。

スポーツクーペツアラー。何とも耳心地のいい優雅なコンセプトで登場したCLSシューティングブレークは、確かにベースの4ドアより、さらにほどよく浮世離れしている。

特徴はバックドアを開けたラゲッジのスペースだ。試乗車はCLS 63 AMGで、50万円のオプションの「designoウッドフロア」装着車だった。なので色、質感ともにクルーザーのデッキを思わす床板が、さながらショーモデルのよう。試しに手持ちのバッグを載せただけで走行してみたが、適度な摩擦係数を確保しているようで、無闇にバッグが暴れることはなかった。フロアのウッドは合板だが、無垢板では熱や経年変化で“反り”など問題が生じる可能性がある…といった根拠があってのことだろう。

3名着座が可能な後席は、クーペより有利なボディ形状もあり、大人でも天井に髪は触れない。前席はAピラーこそ相当の傾斜だが、クーペと思えば問題はないし、通常の運転姿勢でフードがキチンと見渡せる。

大柄なボディながら、かつてのW124のように小回りが効く。あとからカタログを調べると最小回転半径は5.2mとなっていた。

524ps/71.3kg-mと、とてつもない性能を誇る5.5リットルV8ターボユニット+7速ATの走りは、一般公道ではその片鱗が確かめられる程度。標準の「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」は、19インチの30扁平(フロントは35扁平)タイヤをダイナミックにもコンフォートにも活かし、的確に走りと乗り味を切り替えてくれる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》 メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》 メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》 メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》 メルセデスベンツ CLS 63 AMGシューティングブレーク《撮影 島崎七生人》