英国製の日産キャシュカイ(日本名:デュアリス)(参考画像)

英国自動車工業会(SMMT)は12月13日、11月の英国における四輪車の生産実績を公表した。乗用車と商用車を合わせた総生産台数は、15万3799台。前年同月比は4.3%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

15万3799台の内訳は、乗用車が14万2825台で、前年同月比は4.9%増。商用車は1万0974台で、前年同月比は3.6%減と、引き続き落ち込む。

また、乗用車の14万2825台を英国向けと輸出分で分けると、英国向けが2万1522台。前年同月比は32.3%増と、好調を維持した。輸出分は12万1303台で、前年同月比は1.2%と微増ながら、前年実績を超えている。

2012年1‐11月の英国における四輪車の生産実績は、146万8317台。前年同期比は8%増と、欧州全体が信用不安に覆われる中、プラスを維持した。

英国自動車工業会のポール・エベリット会長は、「11月で5%増、2012年1-11月で約10%増と、英国生産は成長を重ねている。しかし、将来の成功を実現するためには、政府の支援が欠かせない」と述べている。

英国工場で生産されているフォード・トランジット(参考画像)