ザウバー 小林可夢偉(2012年 アブダビGP)

1980年のF1チャンピオン、アラン・ジョーンズは、F1に参戦した日本人ドライバーの中のベストと小林可夢偉を絶賛した。ジョーンズによると、26歳の小林可夢偉には2013年のシートが用意されるべきで、日本企業は是非彼をサポートし、レースシート獲得に必要な資金を提供すべきとの見解を示した。

可夢偉が所属していたザウバーはニコ・ヒュルケンベルクとエステバン・グティエレスでラインナップを確定させたため、現在も来季のシートは決まっていない。ホームレースの鈴鹿で3位表彰台に立った可夢偉は、自らの資金集めのためにホームページを立ち上げるなどシート獲得と資金集めに奔走している。

ジョーンズのコメント。

「これまでにF1でドライブしてきた日本人F1ドライバーの中では、小林可夢偉がベストであることは間違いない。勇気があってアグレッシブではあってもコントロールが効き、強い決意を秘めたドライバーを私は今まで評価し支持してきたが、可夢偉はまさにこの資質を備えている。私が思うに、今こそ日本の企業が最高の日本人ドライバーをサポートしないでどうするのだろうと疑問に思う」

「ペーター・ザウバーだって彼のリザルトには大いに喜んでいたはずだ。もう一度ポディウムに立つ可夢偉の姿を私はぜひ見てみたい」

しかし、現実として残るF1シートは限られている。フォース・インディアはスーティルとビアンキが濃厚とされ、ロータスもグロージャンの残留やブエミの名前も挙がっている状況だ。

小林可夢偉(2012年 F1日本GP) 小林可夢偉(F1ブラジルGP)(参考画像) 小林可夢偉(ザウバー、USGP、2012年) 小林可夢偉(F1ブラジルGP)(参考画像) 小林可夢偉(2012年 F1日本GP)(参考画像)