メルセデスベンツ Eクラス 改良新型

ドイツの自動車大手、ダイムラーは12月13日、欧州において、メルセデスベンツ『Eクラス』の大幅改良モデルを発表した。

現行Eクラス(W212型)は2009年1月、デトロイトモーターショー09で発表。デビューから約4年を経ての改良は、初の大がかりな内容だ。なお今回の改良は、セダンとステーションワゴンが対象で、クーペは含まれていない。

改良新型のハイライトといえそうなのが、フロントマスク。新デザインのヘッドランプやグリル、バンパー、ボンネットが与えられ、表情を一新した。このヘッドランプには、デイタイムランニングライトを組み込む。クラス初のフルLEDヘッドライトも、オプションで選択できる。

また、『Cクラス』同様、Eクラスとしては初めて、フロントグリルのデザインも2種類を設定。「エレガンス」仕様やベースグレードは、細めの横メッキ3本を配したデザインで、スリー・ポインテッド・スターはボンネットフードにレイアウト。一方、「アバンギャルド」仕様は、太めの横メッキ2本を採用し、スリー・ポインテッド・スターはグリル内に配された。

リア周りでは、テールランプが新デザイン。ヘッドランプ同様、LEDを組み込んだデザインとした。バンパーの形状も新しくなっており、フロントと合わせた全体で、大きくイメージを変えること成功している。

インテリアは、素材の見直しにより、クオリティを向上。ダッシュボードのトリムパネルは、ウッドとアルミの2種類から選択できる。ダッシュボード中央部のデザインが変更され、新たにアナログ時計がレイアウトされた。

メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型 メルセデスベンツ Eクラス 改良新型