国交省が発表したトンネル点検の検査結果

国土交通省は13日、中央道笹子トンネルの天井板落下事故を受けて実施した、同型トンネルの緊急点検結果をまとめ、発表した。

それによると、笹子トンネル上下線を除く全59本のトンネルのうち57本の点検が完了し、14本で不具合が確認されたが、安全上大きな問題はないとしている。不具合ヵ所は、速やかに補修など必要な措置を行うという。

笹子トンネル下り線については、天井板吊り金具のアンカーボルト不具合が632ヵ所で確認されたが、早期の交通確保のため天井板の撤去工事を実施している。