いすゞ・フォワード (参考画像)

いすゞ自動車のサウジアラビア法人、いすゞモーターズ・サウジアラビアは12月12日、現地新工場の開所式を行った。

今回、完成したサウジアラビア新工場は、ダンマン市内の第二工業団地内に建設。まずは、中型トラックの『フォワード』を、2012年度に600台組み立てる。その後大型、小型と順次生産車種を拡大。将来、湾岸諸国への輸出も想定しており、年間2万5000台規模の生産を見込む。

いすゞは2011年、サウジアラビアで年間1万1000台の商用車を販売。2012年は、前年比27%増の年間1万4000台に増える見通し。今後、さらに新車販売は拡大していくと予測する。

工場の開所式には、サウジアラビアのターウィック商工大臣をはじめ、サレーMODON総裁、宮本経済産業省製造産業局審議官、森野駐サウジアラビア公使、いすゞの細井社長など、約200人が出席。

いすゞは、「すでに稼動しているドバイのアフター・セールス・センターとともに、現地ニーズに適した製品&サービスを提供することで、中近東ビジネスの強化を図っていく」と説明している。