光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》

光岡自動車は、2シーターオープンカーの『ヒミコ』をマイナーチェンジ。同時に、特別仕様車の『ヒミコモノクローム』を発表、12月13日より発売を開始するとした。

「ヒミコというクルマは、1930年代の美しい曲線で作られた時代のクルマをモチーフにデザインしました。特徴的なタイヤを囲むフロントフェンダーのきれいで流麗な流れ。これが最も特徴的なデザインです」と述べるのは同社事業部開発課課長の青木孝憲さん。そして、「そのふくよかなフロントフェンダーからリヤに向かって流れるその造形は、現代のクルマにはない生命感や温かさを感じ取ることができるかと思います」という。

青木さんは、「私たちの富山県にある工房で毎日毎日、今ですと雪の中、職人さんが技を磨きながらその魂や情熱をこのクルマに込めているのです。だからこそ、現代のクルマにはない生命感や温かさが滲み出てくると自負しています」と話す。

また、特別仕様車のヒミコモノクロームに関して、「コンセプトは、都会的でクール、しかしエモーショナルをテーマに、内に秘めた情熱を、しかしあまり表立って出さない、ちょっと大人の表現をした1台です」と語った。

光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》 光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》 光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》 光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》 光岡・ヒミコモノクローム《撮影 内田千鶴子》