マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》

12月13日より始まったエコプロダクツ12において、マツダは、11月20日に発売した新型『アテンザ』のディーゼルエンジンモデルを出展した。

新型アテンザは、高効率かつパワフルな新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を設定するなど、SKYACTIV技術を全面的に採用した同社のフラッグシップモデル。

環境面では、マツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop」や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を全車に搭載。クリーンディーゼルエンジン搭載車は、3ナンバーのセダン・ワゴンとしてトップの燃費性能(HV車除く)を実現している。

今回、同社のブースでは、新型アテンザの展示に加えて、「SKYACTIV-D」の展示や「i-ELOOP」の解説も行われた。

同社担当者が「発表以来、新型アテンザは非常に好評を博している」と語るように、展示されたアテンザは来場者の注目を集めた。

マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 マツダブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》