三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》

三菱自動車は、12月13日より東京ビッグサイトで開催されているエコプロダクツ12において、2013年1月発売予定のプラグインハイブリッド車、『アウトランダーPHEV』のカットモデルを出展した。

アウトランダーPHEVは、SUVとしては世界初のプラグインハイブリッド車。10月発売の新型『アウトランダー』をベースに、独自に開発したEV派生の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載する。

今回は、実車を前後方向に切断したカットモデルを展示し、モーター、バッテリー、エンジンなど「プラグインハイブリッドEVシステム」の主要部品を実際に見せるとともに、3つの走行モード(EV走行/シリーズ走行/パラレル走行)におけるシステム作動状況を説明した。

この他、電気自動車『i-MiEV』『ミニキャブ-MiEV』や、新型『ミラージュ』『アウトランダー』についても、映像やパネルで紹介。

そのほか、電気自動車やプラグインハイブリッド車の主要部品の比較や、植物由来材料技術「グリーンプラスチック」の部品・素材に触れることができる展示コーナーを設けることで、中高生の環境学習にも貢献した。

三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》 三菱自動車ブース(エコプロダクツ12)《撮影 瓜生洋明》