マツダ CX-5 (米国仕様)

北米カーオブザイヤー主催団体は12月12日、「2013北米トラックオブザイヤー」のファイナリスト3台を発表した。マツダ『CX-5』が、最終選考に駒を進めている。

北米トラックオブザイヤーは、今年で20回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、北米でデビュー(マイナーチェンジや新グレード投入も含む)、またはデビュー予定のライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)の中からベストな1台を選ぶ。

2013年1月のイヤーカー発表後、速やかに市販され、年間2000台以上を北米市場で販売すればいいというのが規則。

2013北米トラックオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

フォードC-MAX
マツダCX-5
ラム1500

フォード『C-MAX』はフォードモーターの小型MPV。ラム『1500』は、クライスラーグループのラムブランドの主力大型ピックアップトラック。

日本車では唯一、マツダCX-5がファイナリストに選出。2012年7月の第一次選考でリストアップされていたアキュラ『RDX』、インフィニティ『JX35』、日産『パスファインダー』、スバル『XVクロストレック』(日本名:『XV』)、トヨタ『RAV4 EV』の日本車5台は、最終選考に進めなかった。

2013北米トラックオブザイヤーは2013年1月、デトロイトモーターショー13で発表。前回はランドローバーの『レンジローバーイヴォーク』がイヤーカーの栄冠を手にしている。

フォードC-MAX クライスラーグループのラム1500