YOKOHAMA ECOS ES31

横浜ゴムは、乗用車用スタンダード低燃費タイヤ「ECOS ES31」を2013年3月から発売する。

ECOS ES31は、累計3300万本以上を販売している「DNA ECOS」を低燃費タイヤへと進化させたモデル。国内タイヤラベリング制度では、ころがり抵抗性能A、ウェットグリップ性能cにグレードされる。発売サイズは145/80R13 75S〜225/45R18 95Wの全30サイズで、価格はオープンプライス。

新製品は、乗用車用低燃費タイヤ「BluEarth」の開発で培った「ブルーアース・テクノロジー」を採用し、コンパウンド配合技術「ナノブレンドゴム」や設計技術をはじめとする同社の先進タイヤ技術を投入。これにより「DNA ECOS」と比べ、ころがり抵抗を11.5%低減しながら、ウェット制動性能を14.1%、ドライ制動性能を3.6%向上した。

また、静粛性や耐偏摩耗性能の向上に加え、車外通過騒音の低減によって周辺生活環境にも配慮するなど「DNA ECOS」を超える高いトータルバランスを実現。タイヤサイドには「ブルーアース・テクノロジー」マークを刻印している。

YOKOHAMA DNA ECOS