VW ゴルフ ヴァリアント《撮影 島崎七生人》

『ゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーションテクノロジー』と、いささか長い表記のこのモデルが、現行シリーズのベースモデルとなる。

ポイントはそれまでの1.4リットルエンジンに替え、1.2リットルTSIシングルチャージャーが搭載されるところ。105ps/17.8kg-mの性能があり、7速DSGが組み合わせられる。当然スタート&ストップ(アイドリングストップ)、ブレーキエネルギー回生の各機能も搭載。JC08モードで19.0km/リットルの燃費性能をもつ。

16インチタイや&アルミホイールを装着する外観はいたってさり気ない。ルーフレール色はブラックで、フロントフォグランプは未装着。シンプルにまとめられている。

最大1495リットルと、ひと頃の上級車パサート・ヴァリアントにも迫るラゲッジスペースをもつインテリアは、例によって実用的。前席のコンフォートシートは乗降性がよく、ポジションを合わせておけば、何も考えずにサッと座り、最適な着座感をずっとキープしてくれる。後席シートも良好な着座感で、頭上、足元ともスペースに余裕がある。

走りももちろん問題なしだ。1.2リットル化によるネガはない。街中等では、アイドリングストップを積極的に効かせる。また高速走行、山道では、今更ながらなめらかな乗り心地、ハッチバックのゴルフにも見劣りしない高いボディの剛性感を実感する。相変わらず、高レベルの実力を秘めた手頃な輸入ワゴンモデルといえる。  

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

VW ゴルフ ヴァリアント《撮影 島崎七生人》 VW ゴルフ ヴァリアント《撮影 島崎七生人》 VW ゴルフ ヴァリアント《撮影 島崎七生人》