9日午後0時20分ごろ、埼玉県川口市内の市道を走行していた2人乗りのバイクが路外に逸脱。縁石に接触した弾みで横転する事故が起きた。この事故で乗っていた少年2人が死傷。直前までパトカーの追跡を受けていたとみられ、関連を調べている。

埼玉県警・川口署によると、現場は川口市上青木3丁目付近で片側1車線のカーブ。2人乗りのバイクは路外に逸脱した際に縁石へ接触。この弾みで転倒したものとみられる。

乗っていた少年2人は路上へ投げ出された際に全身を強打。17歳の少年は収容先の病院で約3時間後に死亡。16歳の少年も頚部などを強打する重傷を負っている。

この事故が起きる直前、現場近くをパトロールしてた署員が一時停止を無視した2人乗りバイクを発見。バイクは停止指示を無視して逃走したため、パトカーで追跡を開始したが、右左折を繰り返したり、細い道に逃げ込むなどして振り切っていた。

警察ではこのバイクが逃走中に事故を起こした可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。