エコカーカップのようす

1月5日、ハイブリッドカー日本一決定する3時間耐久レース「Eco Car Cup 2013 ハイブリッドカー日本一決定戦」が富士スピードウェイで開催される。ハイブリッドカーの燃費性能を活かし「速さ」と「燃費」を両立させるチームの総合力を競う。

同イベントは、単なるエコランではなく、「より安全に」、「より速く」、「より低燃費」をテーマとし、予選ではタイムアタックを取り入れた競技要素、決勝レースでは「最低周回数50周」、「最速ラップ3分15秒以下」、「最低5回のピットイン」などラリー競技の要素も盛り込んだ。

日本一決定戦となる今大会では、富士スピードウェイのレーシングコースを舞台に3時間の耐久で争われ、練習走行兼タイムアタックで決勝のスターティンググリッドを決定、決勝レースでは、ナビゲーターが同乗しドライバーと一体となった走行が求められる。

参加車両は、無改造の車両から、ナンバー無しの競技用車両、ハイブリッド専用設計でない派生ハイブリッドまで、幅広い車種の参加が可能。運転免許証を所持していれば誰でも参加でき、参加人数は2名以上で上限設定はなし、家族やサークルチームでの参加が可能。

参加費は1チーム4万9000円(別途:入場料1000円(1人)/中学生以下:保護者同伴無料)。また、大会前日の1月4日には、特別練習走行枠(練習走行ミーティング後、60分間フリー走行・参加費:1万8000円/台)を予定。

エコカーカップのようす エコカーカップのようす