三菱ふそうトラック・バスの新型エアロクィーン

三菱ふそうトラック・バスは、大型観光バス新型『エアロクィーン』と新型『エアロエース』を、衝突被害軽減ブレーキ(AMB)を標準装備し、2013年1月15日より発売する。

AMBは前方車両など障害物への追突が避けられないときに、状況に応じて自動でブレーキをかけ、衝突時の速度を低下させ、被害を軽減するアクティブセーフティ技術。前方車両との距離をミリ波レーダーで監視し、追突の危険性がある場合には、まず警報音を発し、回避操作が行われない場合は、報知音と緩いブレーキを作動させる。なおも回避操作が行われない場合に、報知音と強いブレーキを作動させ、衝突速度を抑える。

また、前車との車間距離の保持を促す「ディスタンスウォーニング(車間距離警報装置)」、雪道や滑りやすい路面においても走行を安定させる「ASR(アンチスピンレギュレーター)」も新たに全車に標準装備し、安全性能をさらに向上させた。

価格はエアロクィーンが4671万2400円、エアロエースが4056万9900円。

AMBの作動イメージ