横浜ゴム、エコプロダクツ12に出展

横浜ゴムは12月13日〜15日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「エコプロダクツ2012」に出展すると発表した。

今年は「環境+人、社会にやさしい」を目指す乗用車用低燃費タイヤ「ブルーアース」の先進タイヤ技術「ブルーアース・テクノロジー」を中心に展示するほか、トラック・バス用やタイヤ以外の環境貢献商品、CSR活動をパネルで紹介する。同イベントへの出展は13年連続となる。

ブルーアース・テクノロジーでは、タイヤの空気漏れを抑制する新独自素材インナーライナー「エアテックス・アドバンスド・ライナー」、ウェットグリップ向上で濡れた路面走行時の安心感を高める「オレンジオイル配合技術」、ころがり抵抗低減に加え、耐摩耗性、ウェットグリップを高次元で両立した「ナノブレンドゴム」を詳しく解説する。

それぞれの効果を分かりやすく実感してもらうための実験装置を設置する。トラック・バス用コーナーでは資源の有効活用やCO2削減を実現するリトレッドタイヤ、運輸・物流の環境性・安全性・コスト削減に貢献する空気圧モニタリングシステム「HiTES」を紹介する。

同社は東日本大震災の被災地である岩手県大槌町が取り組む「いのちを守る森の防潮堤」のモデルケースとなる森づくりを支援しており、ブースでは今年4月に実施した第1回植樹会の模様などを紹介する。

このほか、国内外の生産拠点で取り組んでいる植樹活動「YOKOHAMA千年の杜」やチャリティライブ「LIVEecoMOTION」も紹介する。