新型トヨタ RAV4 (欧州仕様)

トヨタ自動車が11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12でワールドプレミアした新型『RAV4』。同車の欧州仕様には、北米向けと異なるエンジンが搭載される。

欧州トヨタが12月5日に発表したところによると、新型RAV4の主力は、ディーゼルエンジン。新開発の2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「D-4D」が採用されるのが特徴だ。

欧州トヨタはこの2.0リットルD-4Dについて、現時点でパワースペックを公表していない。しかし、環境性能に関しては、「FF車のCO2排出量が127g/km」と説明している。欧州トヨタによると、クラストップレベルのCO2性能だという。

また、2.2リットル直列4気筒ターボディーゼル「D-4D」と、ガソリンの2.0リットル直列4気筒「バルブマチック」は、先代RAV4から継続採用。北米仕様が積む新開発2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力176ps、最大トルク23.8kgm)は、欧州では用意されない。

新型RAV4は欧州では2013年3月から、納車を開始する予定。欧州トヨタは、「先代よりもベース価格を引き下げる」と説明し、コスト競争力を高める意向を示している。

新型トヨタ RAV4 (欧州仕様) 新型トヨタ RAV4 (欧州仕様) 新型トヨタ RAV4 (欧州仕様)