イベントの様子

「永遠の記憶に残るトヨタハイブリッド 15周年ミーティング」が12月10日、愛知県豊田市のトヨタ会館および豊田スタジアム駐車場で開催された。

12月10日は、トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』の初代が発売された”誕生日”。今年は15周年目に当たる。同イベントは、その節目を祝そうと集まったトヨタハイブリッドカーユーザーのミーティングで、参加できるのは"15"にちなみ15台限定。地元の愛知県はもとより、東京や兵庫などから歴代プリウスのほか、『アクア』、『クラウンハイブリッド』、レクサス『GS450h』などが集まった。

イベントでは、小木曽聡氏をはじめとするトヨタハイブリッド開発者との懇談が行われた。その中で「ハイブリッド開発者への15の質問」と題し、参加者から「なぜトヨタは世界で初めてハイブリッド車を開発することができたのか」「次世代プリウスの燃費はどれくらいか」「燃費向上の裏技は」といった15の質問が開発者らに投げかけられた。

その後行われた記念撮影では、初代プリウス開発の陣頭指揮に当たったトヨタ自動車の内山田竹志代表取締役副会長が緊急参加。トヨタハイブリッド産みの親とも言うべき人物の突然の登場で驚く参加者たちに「15年前の今日、初代プリウスが発売されました。それから今まで、皆様の熱い気持ちに支えられてきました。これからもその気持ちに応えるため、いいクルマづくりを続けていきます」と語り、参加者一人ひとりと握手するとともに、記念品を贈呈した。

昼食を挟み、午後はパレードエコランを実施。トヨタ会館から豊田スタジアム駐車場まで約5kmの道のりを参加車両15台が走り、実用燃費を計測した。2代目プリウスでリッター30kmの大台を軽々クリアするなど、参加者たちの結果は軒並み良好であった。ハイブリッドカーならではのイベントを通して、参加者らは親交を深めた。

イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子 イベントの様子