全体相場は反発。

先週末の米国株高を受け、寄り付きは買いが優勢。しかし、手掛かり材料に乏しく、買い一巡後は前週末の引け値を挟んだ動きに終始した。市場は11日から開催される米国のFOMC(米連邦市場公開委員会)の行方に注目し、模様眺めムードが支配的だった。

わずかに買いがまさり、平均株価は前週末比6円36銭高の9533円75銭と小反発。

自動車株は高安まちまち。

ダイハツ工業が42円高の1529円と続伸。大手外資系証券が投資判断「Hold」を継続し、目標株価を従来の1520円から1700円に引き上げた。日本国内、インドネシアでの販売増で利益見通しが改善したとしている。

スズキも4円高の1927円と続伸し、いすゞ、三菱自動車がしっかり。

一方、ホンダが10円安の2745円と反落。

日産自動車も6円安の770円と反落。

富士重工、日野自動車、マツダもさえない。

トヨタ自動車が3535円で変わらず。