VW クロストゥーラン《撮影 島崎七生人》

7人乗りの『ゴルフトゥーラン』の定評ある機能性はそのままに、“クロス系”の出で立ちで仕上げられたのが、この『クロストゥーラン』だ。

お約束の樹脂モールディングはホイールアーチ、サイドシル、前後バンパーに装着。ボディサイドにも、あえて樹脂色のサイドモールが付き、ドアハンドルも樹脂色だ。さらに圧巻なのはホイールで、ワイルドなデザインとともに前後異サイズの専用アルミホイールをセット。誤植ではないことをご承知いただきたいが、フロントが6.5J×17(215/50R17)、リヤは8J×17(235/45R17)が標準だ。

内装はモノトーンのストライプ柄のシート地が専用。シートは『ゴルフトゥーランTSI Highline』と同形状のスポーツシートだ。エアコンは2ゾーンフルオートを装備。多機能な純正ナビ(712SDCW)やETCはじめ、iPhone、iPod接続対応USB端子等も標準装備され、そのままでスグに乗れる仕様になっている。3列シートの実用性、多用途性はもちろん変わらない。

パワートレーンはトゥーラン他車と共通の1.4リットルTSIツインチャージャー(140ps/22.4kg-m)+7速DSG。例によって動力性能にはまったく不足は感じない。一方でノーマル+10mmという専用サスペンションの印象は、ノーマル車がしなやかなランニングシューズの履き心地だとしたら、トレッキングシューズ風というべきか。ルックスも乗り味もややワイルド、である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

VW クロストゥーラン《撮影 島崎七生人》 VW クロストゥーラン《撮影 島崎七生人》 VW クロストゥーラン《撮影 島崎七生人》