東芝が参画するファインコート大倉山がHEMSの実証事業(参考画像)

東芝グループは、12月13日から15日まで、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」に出展すると発表した。

今回は「くらしと社会にecoスタイルを」をコンセプトに、家庭や社会の様々な場面で、地球環境に貢献する製品、技術を、スマートコミュニティを中心に紹介する。

同社グループでは、製品のライフサイクルを通じた環境負荷を低減することを目的に、全製品について開発段階から環境性能が業界トップとなる目標値を設定、発売時に環境性能トップ製品を「エクセレントECP(環境調和商品)」として認定している。

グループの第5次環境アクションプランでは、2015年度の目標として、エクセレントECP売上高を2011年度の約6倍となる1兆8000億円としており、エクセレントECPの拡大で、グローバルに環境負荷の低減を目指す。

今回の展示では、エクセレントECPなどに加え、社会インフラから医療、家庭まで幅広い領域にわたる技術、ソリューションで、地球環境の課題解決に貢献するスマートコミュニティ事業を中心に紹介する。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、CEMS(コミュニティ・エネルギー・マネジメント・システム)など、スマートコミュニティの中核となる技術を始め、水処理システム、医療機器、省エネ、節電製品など、地球環境保全と豊かな生活を両立する製品、技術を紹介する。

今回展示する「新世代ECHONET Lite対応クラウド型HEMSシステム」は第9回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(エコサービス部門優秀賞)を受賞した。

また、二次電池SCiBを採用したバッテリー搭載の自動車や、エンタープライズ向けSSD/HDD、CT診断装置など、社会のインフラを支える製品・技術を紹介する。

会場では、独自の環境効率指標である「ファクターT」を導入して10年になることを記念し、冊子を配布する。来場者の小学生を対象に、ブースの見どころを案内する「ecoスタイルツアー」も行う。