日立オートモーティブシステムズの車載情報システム事業(参考画像)

日立製作所は、日立オートモティブシステムズの車載情報システム事業を2013年4月1日付で、日立の情報・通信事業部門である情報・通信システム社に移管することで合意した。

車載情報システム事業のグループ内での移管は、日立グループで車載情報機器の製品力強化と、ビッグデータ利活用事業、スマート情報事業などの拡大が目的。

今後、日立グループとして、自動車関連でのICT(情報通信技術)市場で、優位なポジションの確立を図るとともに、地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)や家庭内エネルギーマネジメントシステム(HEMS)と、自動車との連携を図る。スマートシティ時代に対応した多様化するニーズに応える新たなソリューション・サービスを市場に提供していく。

日立オートモーティブとして未来の新しいクルマ社会を実現するため、ICTのサービスやソリューションと、カーナビゲーションなど車載情報端末を組み合わせた車載情報システム事業を分社化して日立に移管する。