VW up! 《撮影 太宰吉崇》

日本自動車輸入組合が発表した11月のブランド別輸入車新規登録台数によると、フォルクスワーゲン(VW)が4584台、前年同期比13.3%減とマイナスながらトップを堅持した。

VWは『up!』の販売は好調だったが、『ゴルフ』が低迷した。1-11月累計販売で2位に約1万台の差を付けてトップとなっており、年間1位も確実。

2位はBMWで同21.0%増の3377台となった。3位がメルセデス・ベンツで同14.0%増の3096台となった。

トップ10は以下の通り。

1位:フォルクスワーゲン 4584台(13.3%減)
2位:BMW 3377台(21.0%増)
3位:メルセデス・ベンツ 3096台(14.0%増)
4位:日産 2584台(16.1%減)
5位:三菱自動車 2467台
6位:アウディ 2060台(26.3%増)
7位:トヨタ 1644台(18.7%減)
8位:BMW MINI 1439台(24.1%増)
9位:ボルボ 1243台(16.8%増)
10位:ポルシェ 504台(43.2%増)

VW・up!《撮影 諸星陽一》 VW・up!《撮影 諸星陽一》 輸入車ブランド別新車登録台数、VWの年間トップが確実に…11月《撮影 青山尚暉》 VW・up!《撮影 諸星陽一》 VW・up!《撮影 諸星陽一》