トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の豊田章男社長は12月6日、都内で開かれた米セールスフォース・ドットコム主催の「クラウドフォースジャパン2012」の特別セッションでセールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフCEO、コリン・パウエル元米国務長官と鼎談し、リーダー論などを披露した。

その中で豊田社長は「社長になって実はあまり良いことが起こってない。私の社長は謝罪の『謝長』ではないか」と自嘲しながらも、「本当にこの間、全然良いことはなかったが、その中においてもトップの役割は、どういうことかを学ばさせてもらった。それはやはり決めることと責任取ることじゃないかなと思った」と述べた。

さらに「決める時は直感で、3秒で決めている時が多い。ただそのディシジョンによって痛みを被る人だとか、苦労する人がどれくらい浮かぶかというのを理解してない限り、3秒で決めてはいけないと思う」とも語った。

その上で「そういうことがわかるような教育、それをまた態度で示していくことが次世代のリーダーシップ育成には大変必要。自分から(社長の)バトンを渡す人に対しても、『決めるんだ、責任取るんだ』という意味を、体をもって教えてあげなければいけないなと思っている」と述べた。

Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫ Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫ Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫