日産 ・シルフィ《撮影 内田千鶴子》

新型日産『シルフィ』は、グローバルセダンという位置づけのモデルである。そのことから、デザインコンセプトを本格的なセダンとし、競合他車に負けないデザインになったという。

グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナーの大月圭介さんは、投入するCセグメントについて、「非常にボリュームが大きく、競争が激しいセグメントです」と述べる。そして、「様々な要求値が全て高いところですので、なにも妥協が出来ません。ひとつでも欠けているところがあると、それだけで、ショッピングリストから落ちるようなセグメントです」と分析し、そこから、「シルフィは、そのセグメントで要求されるボディサイズに(拡大)しました」と話す。

また、「セダンというボディスタイルは、最近の軽やミニバンと比較すると、安定感があって、どしっとしているイメージがあります。先代と比較して新型シルフィは、車幅がCセグメントの領域になったこともあり、そのイメージがずっとしやすくなりました」

さらに、幅を広げたということで生まれた部分がいくつかあると大月さん。「幅は65mm広げました。室内で30mm使い、残りの35mmはデザイン代にしました」。このデザイン代により、「(先代よりも)ボディサイドの面などを、より立体感がある、抑揚をより強く出せる使い方が出来ました」。そして、「塊り感を出すためには、デザイン代がないととても大変で、下手をすると小手先の表面的な表現になってしまいます。しかしシルフィに関しては、そういった寸法をしっかりと使ってデザインすることが出来ましたので、その結果として凄く塊り感が出て、全体的に立体として完結している見え方に繋がっています」と語った。

日産 ・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産 ・シルフィ《撮影 内田千鶴子》 日産 ・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産 ・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産 ・シルフィ《撮影 内田千鶴子》