トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の豊田章男社長は12月6日、都内で開かれた米セールスフォース・ドットコム主催の「クラウドフォースジャパン2012」特別セッションでセールスフォースのマーク・ベニオフCEO、コリン・パウエル元米国務長官と鼎談し、次世代車についての考えを示した。

豊田社長は「どういう時代になっても自動車の持つ特徴で変えたくないものもある。何を変えたくないかというと、車はA地点からB地点に移動する中において、その動きにドライバーにフリーダムを与えている唯一のモビリティ。ここで止まりたい、ここを右に曲がりたい、道さえあればどこでも行けるのが自動車だと思う。そういうドライバーに自由を与えることは、どんな時代になっても残したい。そこはこだわりたい」と述べた。

一方、「それ以外の部分、イノベーションはお客様が決める、市場が決める、世の中が決める。『走る、曲がる、止まる』の部分はこだわりたいが、つながるというところ、走ってる車同士が会話をするとか、車から『充電してよ』というメッセージが届くなど、車との対話を考えると色んなことが出てくると思う」とも指摘。

その上で「車の中でどれだけつながるか、今の若者が楽しんでいる世界。要は単に移動して、そこで家族が言い争ったりする場所じゃなくて、移動空間の中でも何かわくわくドキドキする。その中にスペシャルな場所があるというようなものにしておかないと、我々の将来は無くなるので、是非そうしていきたい」と語った。

Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫ Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫ Cloudforce Japan 2012 特別セッション≪撮影 小松哲也≫