新型ボルボV40(参考画像)

スウェーデンのボルボカーズは、ベルギーのヘント工場とスウェーデンのトースランダの2工場について、12月の生産台数を減らすと発表した。

ヘント工場では現在、『S60』、『XC60』、『C30』、新型『V40』を生産中。11月からは新型V40の派生車種、『V40クロスカントリー』の生産も開始された。また、トースランダ工場では、『V60』、『V70』、『S80』などを組み立てている。

今回の両工場での減産の発表は、長引く欧州の信用不安によって、新車販売が落ち込んでいることを受けての対応。クリスマス休暇の前に、ベルギーのヘント工場では2日間、スウェーデンのトースランダ工場では3日間、工場の操業を中止する。

ボルボカーズは10月下旬、2013年にかけて、ベルギーのヘント工場における生産台数を減らすと発表。同工場の1時間当たりの生産台数を、59台から54台へ約10%縮小する計画を公表していた。

ボルボカーズのLars Wrebo生産担当副社長は、「現在の市場状況を考慮すると、柔軟な対応が必要。そのため、追加の生産調整に踏み切る」と述べている。