シボレー SS の市販モデルの予告イメージ

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが2013年初頭に発表する新型セダン、『SS』。同車の市販バージョンについて、そのティーザーイメージが公開された。

これはシボレーが、公式サイトで公開した映像で明らかにしたもの。この映像は11月29日、米国で発表された2013年シーズンのNASCAR用新型レーシングカー、シボレーSSを紹介する内容だ。

映像内では、シボレーSSの市販バージョンのヘッドライトやテールランプが一瞬、披露される。実際にはNASCARマシンと市販車は、全くの別モノだが、疾走するSSレーサーのボディパネルが剥がれて、SSの市販バージョンが姿を現すという設定。

シボレーSSは、米国向けシボレーブランドのセダンとしては、17年ぶりのフロントエンジン、リアドライブ(FR)車。車名のSSとは、「スーパースポーツ」の略で、シボレーの高性能車に伝統的に冠されてきたグレード名だ。

すでにSSは、GMのオーストラリア部門、ホールデンの大型FRセダン、『コモドア』の車台をベースに開発されると公表済み。コモドアは、1978年に誕生したホールデンの主力車種。2006年に登場した現行モデル(VE型)は、4世代目にあたる。VF型と呼ばれる次期コモドアの車台をベースに、シボレーSSは開発されることが決定している。

シボレー SS の市販モデルの予告イメージ