新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12)

11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12。フォードモーターのブースでは、新型『トランジット コネクト ワゴン』がワールドプレミアを飾った。

『トランジット』は、フォードモーターが主に欧州市場で販売している小型商用車。その乗用版が、『トランジット コネクト』。2列シートの小型MPVで、米国市場にも投入されている。今回発表された新型トランジット コネクト ワゴンは、トランジット コネクトの3列シートバージョンである。

米国仕様の搭載エンジンは、2.5リットル直列4気筒ガソリンを基本に、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」も設定。フォードモーターが強調するのが、このエコブーストの燃費性能の高さ。

フォードモーターによると、新型トランジット コネクト ワゴンの米国EPA(環境保護局)予想高速燃費は、31マイル/ガロン(約13.2km/リットル)。トヨタの北米専用ミニバン、『シエナ』を少なくとも5マイル/ガロン(約2.1km/リットル)上回るという。同社は、「7名乗りのミニバンで、高速燃費が30マイル/ガロン(約12.75km/リットル)を超えるのは米国初」と自信を見せる。

また米国の顧客の中には、SUVやピックアップトラック、ミニバンなどでキャンピングカーを牽引する人も多い。フォードモーターはそんなユーザーのために、「トヨタのピックアップトラックの『タコマ』、クライスラーグループ・ダッジブランドのミニバン、『グランドキャラバン』よりも牽引力に優れる」とアピールしている。

また、キャビンと荷物積載スペースを合わせた室内空間に関しては、「『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)よりも広い』とフォードモーターは説明。まさに、万能ミニバンの新型トランジット コネクト ワゴンは、2013年後半、米国市場で発売される。

新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12) 新型フォード トランジット コネクト ワゴン(ロサンゼルスモーターショー12)