日産・シルフィ《撮影 内田俊一》

日産自動車から発売された新型『シルフィ』のアピールポイントは、 “セダン本来の美しさを追求したデザイン”と、“クラスを超えた快適性”の大きく2つ。

そのデザインについて、商品企画本部商品企画室チーフプロダクトスペシャリストの田川博英氏は、「セダン本来が持っている美しさを基本としています」という。そのうえで「エクステリアは、さらに高級感とダイナミズムを。インテリアについては、上質感と快適さというキーワードをもとに開発を進めました」と述べる。

フロントビューは、「大きめのグリルとLEDのアクセントをあしらったヘッドランプを配置することによって、しっかりと存在感のある、力強い顔というものを表現しました」。また、サイドビューでは、「スタイリッシュなアーチ型のキャビンと、抑揚のあるキャラクターラインの組み合わせによって、豊かな表情を実現しています」とする。さらにリアビューは、「今回の新型シルフィは旧型に対して、車幅を約65mm拡大しました。そうした、ワイドで安定感のあるプロポーションをしっかりとユーザーに伝えるために、幅広で大きめのリアコンビランプを採用したのです」と説明する。

インテリアは、「横方向の広がりと、セダンらしい上質感といったものをしっかりと表現して“造りこんだ”インテリアの実現を目指しました。実際に“造りこみ”を徹底的に行って、ひとクラス上の上質なセダンとしてのインテリアを実現出来たのです」とし、その例として、「気品ある、佇まいのあるモダンなフィニッシャーや、どうしてもクルマの中というのは、異なる素材を組み合わせることになりますので、その組み合わせをしっかりと考え抜き、また、しっかりと“造りこむ”ことによって、ひとクラス上の上質感といったものを実現したのです」と語った。

日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田千鶴子》 日産・シルフィ《撮影 内田千鶴子》 日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田俊一》 日産・シルフィ《撮影 内田千鶴子》 日産・シルフィ《撮影 内田千鶴子》 日産自動車商品企画本部商品企画室チーフプロダクトスペシャリストの田川博英氏《撮影 内田俊一》